読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

職人は欲張りなんです。

今日は仕事終わりに仲のいいクロス屋さんと合流してお好み焼き食べてきました。
三人でご飯食べたのですが、その一人はなんと佐々木さん。



f:id:apr-sappy:20161019001923j:plain
佐々木さんとパチリ♪
佐々木さん、顔小さいんです。
私が大きいんじゃありません!


凄いんですよ、佐々木さん。
第28回技能グランプリ全国大会、壁装職種で見事金賞取られた方なんです。
今日もいろんな話しましたが、
私なんかにも終始敬語使ってくださるし、
偉そうな感じが全くないの。
すごい人ほど、謙虚ですよね。
まさにそんな人。
技能グランプリとは、日々仕事に追われる職人さんが各県の予選を勝ち抜き出場して、技術を競う
いわば、職人の最高峰。まぐれで金賞は取れません。技術だけでも取れません。
佐々木さんも、ものすごく努力されて見事取られたのですよ。

でもね「僕も仕事で失敗しますよ。」って言うの。
そりゃ、誰でも失敗しますがそう言われるとホッとします。

職人は技術でお金をもらっています。
でもね、最低限の技術があればいいなんて思ってないの。
職人は、もっと、難しい材料を…もっとうまく貼れるように…
と欲張りなんです。
その欲張りな気持ちは、お客さんに
「ありがとう」って言われたいからなんです。
↓職人さん、すごいね!の代わりにぽちっと押してくださーい!!
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ