読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

いいものは高いんです。

箒は床屋の必需品です。
箒がなければ仕事が始まりません。
私はホームセンターのものと、高級な箒を現場によって使い分けています。


f:id:apr-sappy:20161027102940j:plain

長場の現場はたくさんの人がいて、箒が紛失したりします。
現場にも箒置いてあるけど、床屋の箒ははきやすいんですよ。
だから、ちょっと借りるつもりで持っていってそのまま放置…
自分の持ち場、掃除するのはいいことですが、床屋は箒なければめちゃくちゃ困ります。
だから、高級箒は使えません。

高級箒といっても、1万円ほどのものです。
世の中にはもっともっと高級なものありますが、そこまで私は手を出せていません(ToT)

でも、今の箒がホームセンターの2000円ほどのものとは比べ物にならないんですよ。
ホームセンターのものより重いけど、疲れません。
毛がね、違います。
いい箒の方が細くてコシのある毛なんです。
毛の量も多いし。
掃き掃除が楽しくなります。
大事にするようになります。
そしてなにより、掃除中のひっこ(おがくず)の後跳ねが激少ないということ。一段と綺麗に掃けます。
そして、もうひとつ。
全国で少なくなってしまった、箒職人さんが作っておられるということ。
今まで箒は消耗品だから、安くてましな物、と思っていたけど、
今は、職人という同じ世界で頑張っている人のものを使わせてもらいたいと思っています。
高いものが必ずいいものではないかもしれません。
でも、いいものにはお金を出せる世の中であってほしいと思います。
それだけ手間と技術が必要ですから。

私は次は3万円の箒を買います。
↓箒だけじゃなく何でもそうだよ!の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ