読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

女職人の作業着。

作業着って、一日の大半着てます。仕事の時間長いですもんね。

女性の職人さんが注目され始めて、作業着も女性用などあるようです。
が、しかし少ないし。ダサイし。(売ってる方ご免なさい。)
自称美人過ぎる床屋の渚さんの作業着はどんな感じでしょうか?



f:id:apr-sappy:20161105031447j:plain



f:id:apr-sappy:20161105031457j:plain



f:id:apr-sappy:20161105031521j:plain



f:id:apr-sappy:20161105031620j:plain



f:id:apr-sappy:20161105031656j:plain



f:id:apr-sappy:20161105031755j:plain



f:id:apr-sappy:20161105031836j:plain



f:id:apr-sappy:20161105031921j:plain

さて、お気づきでしょうか?
渚さん、作業ズボンはいつも同じです。
なんてことないベージュのベトナムズボンと呼ばれるもので、ネットで1000円ちょっとで売ってる激安物です。
かれこれ10数年ずっと同じものを購入しております。
作業ズボンは破れるよりも先に汚れるのですよね。
高いものだと、捨てるのもったいないと汚れてもはいてしまうけど、これはね、躊躇なく捨てられます。
全くエコじゃないのですね、渚さん。
でもね、建築現場ばかりじゃなく住んでおられるおうちや、働いておられるオフィスにも仕事で行かせてもらうのに、糊ついて汚いのはいてると、洗濯してあってもお客様には「汚ねー女だな!」って思われてしまうし、綺麗にする仕事だからこそ、汚いやつはいて行きたくない。
だから、ある程度汚れたら外部用などに回して新品をバンバンはきたくて。
あとね、色はね、仲のいい職人さんに「もっさい色やねー!」って言われるけどね
ベージュはなんでも合うから、上の服の色を選ばない!
最高なんです。
そして、薄すぎず厚すぎず、パンツも透けないし、年中はけます。
自作の腰袋のベルトループも、このズボンのループに合わせて作ってあるので、腰袋の位置もいつもベスポジにあるので仕事もはかどります。
「次どんなズボン買おうかなぁ!」などという楽しみはありませんが、渚さん、元からそんな楽しむ気持ち持ってないの。
選ぶの邪魔くさいもん。仕事だから、同じでいい女なんです。
だから、最高のベトナムズボンです。
ちなみに、男性用です。
女性が男性用選ばれるときは、ウエストサイズから、10センチくらい引いてください。
例えば私がいつも私服で着てる女性用サイズが61か64なんですね。
で、男性用選ぶときは、70か73選べばいいんです。私は真夏でもレギンスを下にはいてるので、年中73愛用していますが、少し大きいかもです。
裾は、このズボンに関しては裾あげ必要ないです。158cmですが、作業ズボンは基本、危険がないように短めになってるものが多いので。



作業着の上もね、もうずーーっと同じスタイル。
長袖Tシャツに半袖ポロシャツ。
寒くなってきたらパーカーなど増えますけど、パーカー脱いだらこのスタイル。
ポロシャツは、作業着屋さんでも買いますが、サイズがあまり無いので、ユニクロの男性用のSサイズが多いですかね。
それでも、少し大きいのですが、女性用はウエストがくびれてたり、着丈が短かったりと、作業着ぽくないので、少し大きいくらい気にせず男性用を選んでいます。

職人になりたい女性のみなさんが少しでも参考にしてくれたら嬉しいです。

↓だから、ダセ~ズボンはいてるのね!の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村