渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

渚さんは悩んでいます。

昨日今日とバタバタした現場に来ています。


f:id:apr-sappy:20161202121342j:plain

こんな感じ。


f:id:apr-sappy:20161202121424j:plain

壁にパンチカーペット。


f:id:apr-sappy:20161202121459j:plain

この立ち上げもピータイル。


f:id:apr-sappy:20161202123334j:plain


ものも散乱しています。


f:id:apr-sappy:20161202123356j:plain



f:id:apr-sappy:20161202123401j:plain

パテは7キロ打ちました。

昨日はA美がこれまで毎日言ってきたことをまだ守れなくて
(仕事の作業ではなく人間としての事です。)

昼過ぎに
「もう帰れ!」と言ったけど
嫌です、と言って現場にいたので19時くらいまでずっと居ないものとして仕事してました。

悪口に思われてしまうと思いますが、
A美には言葉は一切通じません。
悪口ではないんです。ごめんなさい。

私が怒ってるって声や顔でわかってるんですが
何で怒られたのか伝わらないんです。
だから怒ると
「はい、すいません。」「はい、すいません。」
しか言わないの。
で、怒られながら手にはタバコを一本持っていて、足は組んでる。
そして、私が話終わったら間髪入れずに
「タバコ吸っていいですか?」です。
そして、
「今、私が何で怒ったかわかってる?」
と聞くと
「えっと~、え~っと~、すいません、忘れました。もう一回言ってください。」
とタバコ吸いながら言うのです。


先天的なものではなく、後天的なものです。

記憶力も乏しく
「覚えられないなら、メモ帳(←渡してある)に書けよ」
って言っても
「はい、すいません」と言って書かない。
でも覚えられない。

仕事の作業は誰でも初めてやることだから、できなくていいんです。
私も全然できなかったんですから。

A美にわかりやすくと思って
「私との約束だよ、約束守ってくれないなら、私も約束守らないよ。」
と言っても、
「はい、すいません」
と言って
ほんとにすぐまた同じことをするのです。

昨日は、ほんとに呆れてしまったのと、伝わらないから困ってしまって、
今日は現場に連れてきていません。

昭和ならまだしも、今は平成。
今時、現場で怒りたくないんです。
私のイメージが悪くなりますから。
それも仕事の事で怒るならまだしも、
性格、というか、人間的な部分で怒らないといけないので、今週はほっておいて
来週から、本当に来たいなら、私の言うことちゃんと聞いて、私の条件満たしてくれたら、とりあえず連れていってもいいかなと思っていますが、
A美にとっては働く条件が悪くなりますよね。
それで昨日A美が
「明日から~ちゃんとするんで~それは勘弁してください。」
と言うんです。
「働く条件が悪くなったのはA美のせいでしょう?やる気が本当にあるならできるでしょう?できないなら、やる気がないってことだから、来なくていいんやで?来いとは言ってない。」
黙ってる。
伝わってないんです。
だってその後すぐに
「あ、家の近く通るなら(通らないのに)その近くで降ろしてもらっていいですか?」
って言ったの…。
怒ってる人間に対して言う?

可哀想だけど、言葉が通じないと現場に連れていけない。

と渚さんは悩んでいます。
A美のことは嫌いじゃないんです。
何でもいいから、きちんと仕事して、自分で生きて欲しいって思ってるけど
むずかしいよねー。
A美は自分でわかってないからたちが悪いんですよね。
悪気がないから。

やっぱ、若いからって悪いことしちゃいけないね。

今日は一人なので久しぶりに気楽に床貼れています。

悪口になってしまってるかも知れませんが
悪口じゃなくて、心配してるんです。
↓わかったよ。の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村