読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

鹿の角。

何年か前に
「欲しいなぁ。山に拾いに行きたいなぁ。」
としつこく相方の大工さんを誘ったけど
「行かへんで。」
と断られた鹿の角。
昨日、相方がいつもの砥石仲間との集まりで三重に行ってたのですが
その方の庭?に落ちてたものを貰って帰ってきました~。


f:id:apr-sappy:20161204092643j:plain

立派な角ですねー!!
相方やるねー!
ただのデカイ男じゃなかったんだね!


f:id:apr-sappy:20161204092942j:plain


顔?ついてるやつは
「日本刀置くから使わないで。」
と言い残し、さっき砥石仲間のところに出掛けました。

日本刀持ってないのに…。
「日本刀研ぎたい」
と言ってたから、買うのか?
買っても法に触れないのか?

というわけで
私が使ってもいいのは


f:id:apr-sappy:20161204093259j:plain
これです。
大きな角だなぁ。
鹿って繁殖期の戦いに備えて
角の先を自分で研ぐんだって。


f:id:apr-sappy:20161204093407j:plain

おぉー!ツルツル~!
生え変わる時期に抜け落ちるらしいので
根元は…


f:id:apr-sappy:20161204093519j:plain


こんな感じです。
なんか神秘的。

レザーも、この角も生き物から頂いたものなんだなぁと実感。
レザクラの時にそんなこと考えなかったけど、
レザーも、この角も失敗しないように、無駄にしないように大事に使わなくちゃ。。

何に使うかまだ考えてません。
中はどうなってるのかな?
鹿の角は骨ではなく、皮膚に分類されるそうで、中はボソボソなのかな?

何作るか考えるだけで
渚さんワクワクです。

うまくできたら、ご紹介します!
うまくできなかったら、鹿の角の話題は二度と触れませんので悟ってください。

↓うまくできたらいいね!の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村