読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

育てられませんでした。

ここでいっちょ、A美のお話をしておこうかなと思います。
A美はやめさせました。
応援してくださってた方、ごめんなさい。
私もA美を応援していた一人でした。
A美は器用で、糊を塗らせても巾木貼らせても初めてにしては上手にやってました。
実際糊を塗るの楽しい。巾木貼るの楽しいって言っていました。
が、しかし、なんせ言葉が通じない。
そして、自分をすごく優先します。
私の言ってること理解してくれませんし、約束を守らない。
一度や二度ではありません。
それに自分の立場をわかってないようで
現場の近くで車止められず困ってる私に「ちょっとコンビニ寄ってください。」
や、昼休みに買い物行って13時になっても帰ってこない。
待ち合わせの駅(A美は免許ないので電車通勤のため)を「○○駅に変更してください」と朝から電話してくる。
私が荷物いっぱい持ってるのに手ぶらでエレベーターのボタンも押さない。
怒られてるのにタバコ持って怒り終るの待ってる…
そして怒られた内容を聞いてないので「忘れました、なんでしたっけ?」と数分で忘れる。
すぐにヘルメットかぶれる髪型で来いと言ってるのに口答えして変えない…
糊で汚しまくるのに、高くてかっこいい作業着を私に買わせようとする。。。
などなどこれはほんの一部ですが、
せっかく器用なのに人間性がまるでなってない。
気遣いができないのですよ。周りにも、私にも。
あれやって、これやってと私に言うんですよ。
何様なんだ?とビックリしました。
そして、何より元請けさんからの評判が悪くて。

もったいない。
一生懸命生きてないんですよね。
私はA美が嫌いではありません。
可愛いとすら思っています。
でも、私は仕事頑張ってきて、信用してもらって仕事頂いてます。
仕事を真剣にやってくれないとつれていけないんですよね。
A美をつれていたら、私の築いてきた信用も失ってしまいそうでした。
ちょっとくらいいいやろう、ってのが毎日なんですよ。
ただでさえ、建築で女が仕事していくのは大変なんです。
だから、男よりも男らしく、男よりも努力して、やっと男と並ぶことができます。
女だからってチヤホヤされるのは最初だけ。
仕事なんだから、その先は男も女も変わらない。
ヘルメットも被りたくないでしょう。
髪がグチャグチャになるもんな。

でも、それも仕事なんです。
見た目がどうのとか、そんなの仕事覚えてからの話やし。
仕事もできないのに、見た目気にしてどうすんだよ。
好きな格好したかったらさっさと、仕事を覚えろよ。
そして独立して好きな格好しろ!
女だからって甘えるな。

と、いうわけでA美を育てられませんでした。

ただ、すごく勉強になりました。
ここまで言葉理解してくれないやつもいるんだってこと。
現場で怒鳴りたくないんですよ。
今時、どこの親方も怒鳴りません。
怒鳴ってたら、親方のイメージも悪くなるし。

A美もいつか気づいて、気持ち入れ替えて
なんでもいいから一生懸命やってほしいなぁと思っています。

器用だから、もったいない。

だけど器用さよりも、気遣いの方が大事だよね。

不器用だけど気遣いバッチリな床屋になりたい方を募集します(//∇//)

↓どこでも気遣いは大事だな、の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村