渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

いつでもどこでも募集中。

建築業界でも高齢化が進んでいて、若者不足が深刻です。
私たち床職人はもちろん、クロス、ダイノックの職人さんと会うとみなさん
「渚さん~、若い子いたら紹介してー(>_<)」
と言ってきます。
渚さんの弟だって欲しがってるし、
内装業のみなさん、ほしいよね~!
時間が決まっていて、労働に対する賃金が決まっているわけではないこの業界。
渚さんも手間請けなのに赤字(ToT)
請けない方が良かった、と思うときもあります。
私たちの仕事は修行するんです。
修行はツライよ、しんどいよ、理不尽だよ。
親方が苦労して手に入れた技術を学ぶんですよ、近くで毎日。
そりゃー、親方も「可愛いねー、いい子だねー、こーやってやるんだよー」
なんて言うわけない。
うまくできていても「まだまだやなぁ。」って言いたいの。
「おっさん、自分のやったとこ見てから言えや!!」
と思うでしょう。
言わせてあげてくださいよ!
みんなそうやって修行してきたのです。
修行期間中はほんと大変です。
だけどね、ツライ思い出があるから頑張れる。
そして、いつかいい想い出になるのよね、不思議と。
渚さん、他の仕事あんまり知りません。
だから他の仕事にも同じようにたくさんいいところあるんだろうけど、建築の職人さんになってほしいの。
そして、一緒に仕事してツライ思いもやりきった達成感も一緒に味わいたい。
さぁ、若者よ!
なんなら若くなくてもいい、転職希望者よ!
渚さんのところにいらっしゃい!
床が嫌ならクロスやダイノックの親方を紹介します。
他県の方も、お近くの職人さんのところを訪ねてください。
絶対どこでも募集されています。
京都の方は渚さんや渚さんのまわりの凄い職人さんと仕事しませんか?
職人になろうよ。
今すぐなろうよ。

↓職人不足が深刻で年度末が怖い渚さんにエールの代わりに押してね!
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村