渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

気持ちはお金でしか表せません。

応援代けちってる方いませんか?
ケチな男はいませんかー?
応援代けちっちゃダメですよ。
渚さんはケチが大嫌い。
だから、ケチだって思われたくない。
建築業界は男の世界なんですが
男でもケチなやついますよね。
「あいつのところ応援行って○㎡貼ったのに応援代○円しかもらえなかった、」などという話よく聞きます。
仕事はなんのためにしてるかというとお金を稼ぐためです。
だからケチってでもお金残したい気持ちよくわかります。
でもちょっと待ってください。
ケチって悪評立って評判悪くなったらどうするん?

先日渚さんに
「渚さんいつも応援行ったら折半ね!って言ってきっちり割ってくれるけど渚さんが仕事を受けてるんだから受けてる人が儲けて欲しいからそんなにたくさんいらないよ。じゃないと渚さんメリット無いでしょう?」
って言ってくれた人がいます。

気持ちは有り難い。

渚さんは、たとえば五万円貰える仕事なら半分づつで25000円払います。
自分も25000円。
半分づつなんだけど売り上げが上がってしまうのでちょっと損(笑)
だけどメリットってお金だけではありません。
応援来てくれるから仕事がこなせます。
仕事をこなすから得意先から年間通じて仕事頂けます。
得意先を逃しません。
得意先を逃がさないために応援来てもらって仕事をこなします。
それがメリット。
応援に来てくださる方がいるからこなせます。

感謝の気持ちはお金でしか表せません。
口でいくら「助かったよ~」って
言っても安かったら来てもらえません。
応援来てくださる方は友達ではありません。
勘違いしちゃダメなんです。

応援来てくださる方にとっては
応援も得意先の一つです。

仕事なんですよね。
助けてくれる方がたくさんいます。
その方に払うお金をけちってはいけません。

「感謝の気持ちはお金でしか表せません」
自分が儲けたいなら周りの職人さんを儲けさせる。

渚さんじゃないとダメな仕事はこの世の中にありません。
仕事下さる方にもメリットを与える、
メリットがあればまた渚さんに、仕事をくれる。
仕事を下さる方にとってのメリットは
「仕事をちゃんと、こなしてくれる。」です。
渚さんは一人親方ですので一人工は一人工でしかありません。
だけど、二人工をこなす。こなすために応援来てもらう。
そして得意先を継続する。

全ては応援の方がいるからできることなんです。

応援代ケチってはいけません。
自分の分をへつってでも払う。

何度も言いますが
感謝の気持ちはお金でしか表せません。

出るだけ払う。
そしたら自分に返ってきます。
けちると自分に返ってきます。
仕事ですけど人と人との繋がりです。
悪評は命取りです。

ケチってる方、思い返してみてください。
応援に来てくださる方はお金では買えません。

↓マチガイナイ!の代わりに押してね!
応援来てくださる方は暇だから来てくれるのではありません。助けてあげたい!と思ってきてくれます。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村