渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

省いた無駄を職人がかぶってる。

今日はビジネスホテルの現場、最終日!のつもりが
巾木足りない…
目地棒足りない…
最後の最後には
「貼らなくていいところまで見て材料取ったからめっちゃ余る」
と聞いていたタイルまで足りませんでした。
昨日までもタイルカーペット足りなくて、客室の巾木足りなくて、と追加追加で毎日問屋が持ってきてくれてたんだけど。
今日なんて午前に一回、午後には別々の問屋が一回づつの計三回来てくれたし。
工期決まってて、それに向けて応援の方に来てもらいます。
今回は、予備で1人工多く見ておいたから
残ったら明日一人~と思ってたけど、まさかの余る予定の材料が足らずで、明日空けてもらってるのに足らずの材料は15時以降しか来ないし、グダグダになりそうで、明日どんな段取りにしようか~、と大変です。
材料は余ると内装屋さんの利益も減りますし、ちょっきり計れればいいんだけど、計りに行くときにはまだ壁ができてなかったり、途中で変更あったり、思ってたのと違う仕様だったりと大変なことがたくさんあって、仕方ないだろう!と思われるかもしれません。
でも、普通の材料だったら少し余るよりも人件費(職人)の方が高いんですよ。
結局、職人が午前中で終われるところを無駄に時間潰して待って~挙げ句に残業…ってことになります。
これが、職人の日当を下げてる原因だということ、わかってほしいです。
今日も目地棒足りなくて(午前中に発覚した)今日の午後には入るから、と日中やることないから、やれることをちんたらやってたんだけど、来たのは17時。
結局残るから明日、予備で一人空けてたから~と思って貼れるところまで貼って帰ろうか~ってみんなで貼ってたら
「え?この材料足りる?」
ってなって数えたら足りない。
遅い時間だから発注間に合わないし明日の15時以降しか入らない。
目地棒が足りてたらもっと早く材料足りないのわかったのに。
ケチって(?)入れなかった、ほんの少しの足らずのせいで職人の人工が増えて
職人の利益が減ります。
材料足りてたら、今日は早く終わってました。
愚痴っぽくなりましたけど、いつもお世話になってるし、ってみなさんも言えずにモヤモヤするときあると思います。
渚さんもそうです。
明日は他にも現場があるから、応援の方に空けてもらってるのにドタキャン、ってこと無くてよかったですが、日当もそうだけど信用問題にもなります。
内装屋さんの節約するところは限られてるし、利益が出るところ少ないから、無駄を無くしたい!と思って、ちょっと足りないけど、どっかから余りが出て足りるかもしれんからいいか!ケースで買わないといけないからたくさん余ったらもったいないしなー。ってなるんだけど、その1ケースのせいで職人の段取りも狂うしあとどれくらい必要か測ったり数えたりしなくちゃいけないし、そこだけ残して後でまた貼ったり無駄な人手で日当が下がります。
よっぽどじゃないと
その分、追加で払うよ!ってなりません。
長場だったらなおさらならないんです。
どうせ、明日も明後日も来るんだから後日貼ってよ、って感じで手間かかるってことも理解してないと思います。

単価安いから上げてほしい。
って思いますけど、そんなことより
まずは材料足りないってのを改善してほしいです。
これからもずっと仕事させてほしいと思いますしお世話になりたいし、いいお付き合いをずっとさせてもらいたいからこそ改善して欲しいです。
安いからとか段取りいつも悪いからとかで
「もういいや」って思ったらそこの内装屋さんの仕事に行かなくなるじゃんね?
何が言いたいのか、長く書いてるうちにワケわかんなくなってきたけど、
仕様変更とかだったら仕方ないって職人は理解します。
だけど、ただの節約で長尺が10cm足りないために貼れなかったり、今日の渚さんみたいになったり、巾木足りなくて明日来なくちゃいけなくなったり、後日行けないから他の職人さん段取りしなくちゃいけなくなったり、、、
みなさんもあると思いますが、それが無くなれば少しは日当的には上がると思いませんか?

だから長場の日当上がらないんだよな。

今日は本当にぐったりしました。
あと少し材料多く入れてください。
お願いします。

内装屋さんを批判してるわけではないんです。
ただ、省いたつもりの無駄を職人がかぶってることもあるってことも知ってほしいし考えてほしいです。
お気を悪くされたらごめんなさいですが、渚さんの気持ちです。

↓立場によっていろいろあるよね。の代わりに押してね。


にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村