渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

毎日に感謝します。

小林麻央さんが亡くなられたニュースがテレビやネットニュースでたくさんやってます。
お若いのに、子供さんもまだ小さいのに、思い残すこともたくさんおありだろうなぁと勝手に思ってます。
いろんなことが日々起こり、いろいろと考えたりしますよね。
渚さんの友達も何人か亡くなってますし、相方との共通の友達も30半ばで神経膠芽腫で亡くなりましたし、たくさん怒られましたけど可愛がってくれた内装屋さんも亡くなったし、渚さんのお父さんも床屋だったのですが、もう10年以上前に死んでいます。
毎日仕事して、しんどいなぁとか休みたいなぁとか、現場でも「なんでだよ!」とか思うこともたくさんありますけど、
健康でやりたい仕事を毎日できてありがたいって思います。


f:id:apr-sappy:20170625213913j:plain


今では当たり前に使っている道具をふと
「これ、お父さん見たらびっくりするやろうなぁ」
とか
やりやすい現場に入ったときには
「今、生きてたらこんなやりやすい現場ばかりに行かせてあげられるのに。」
とか
思ったりします。
渚さんのお父さんも床貼るの好きだったと思います、多分。
でも、死んだら貼れないもんね。
渚さんもいつ病気になるかもわかりませんが
今、健康で仕事を毎日できるって事に感謝して
周りの仲間の職人さんに感謝して
仕事をさせてくださる内装屋さん、工務店さんに感謝して
明日からも笑顔で仕事を楽しみながら貼ろうって思います。

↓俺も楽しく貼るよ!の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村