渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

ウッドタイルを階段に。

今日は~
保育園の新築~。
ウッドタイルを階段に、そしてシートを二ヶ所に、というお仕事です。
朝は小雨が降ってましたが、台風一過でそのあと晴れまくり。
アチーアチー(゚ロ゚*)


f:id:apr-sappy:20170808183551j:plain


まずは階段 20段。


f:id:apr-sappy:20170808183624j:plain

完成~。


f:id:apr-sappy:20170808183640j:plain

こんな感じです。
そして昼から金物屋さんが来られて


f:id:apr-sappy:20170808183725j:plain

金物付けたらかっこよくなりました。


f:id:apr-sappy:20170808183840j:plain

二階に上がったら~
琵琶湖が見えます。
綺麗~。
二階にはトイレがあります。
材料は、4.7?mmのシート(´Д`)
そして貼るところは斜めばかりでどこ基準に貼ればいいんだ?
そして、子供さん用のトイレが間仕切ってあるんだけど


f:id:apr-sappy:20170808184311j:plain



f:id:apr-sappy:20170808184326j:plain

材料広げるのも大変だよ。
材料も分厚くて硬いし…。


f:id:apr-sappy:20170808184417j:plain


f:id:apr-sappy:20170808184440j:plain



f:id:apr-sappy:20170808184447j:plain



f:id:apr-sappy:20170808184456j:plain



f:id:apr-sappy:20170808184505j:plain

どうにかこうにか貼れましたけど
こういう時は先に床貼らせて下さい!
壁も傷つくし、シートも折りクセついたり裏打ち割れて表にシワが出てしまいます。
それに厚みのある材料は狭いところでは収まりにくいことも多いし。

一枚でいくのは至難の技です。間仕切りの壁がアールだし厚みも薄いので、ちょとでも逸れたら反対側足りなくなるし。



f:id:apr-sappy:20170808184826j:plain

これはゴミですが、重しにしています。
収まんなくて…。

監督さんも内装屋さんも謝ってましたけど
今度からはよろしくお願いします。

このあと、一階の1.6×3mのでかい物入れも同じ材料貼って終了~。

今日は仲良くしているクロス屋さんが現場いたんだよ。
誰でしょうか~?
ヒント!!


f:id:apr-sappy:20170808185810j:plain
この腰袋~。

正解は…


f:id:apr-sappy:20170808185924j:plain

貼ろう会で一緒の長谷川くん!
技能士会でも一緒です。

渚さんがイラつきながら分厚いシート広げてるのを笑って見てました。

長谷川君が帰ってから、内装屋さんがクロスをキョロキョロ。
そして
「長谷川さんも綺麗に貼らはるなぁ!この材料薄いのに綺麗に貼ってあるからスカッとしてるわー!」って。

仕上げの職人にとって「早い」は誉め言葉じゃありません。
「綺麗に貼ってくれたね。」が一番嬉しいんです。
渚さんも毎日言われたい~!
言ってもらえるように毎日仕事がんばろうっと。


f:id:apr-sappy:20170808190829j:plain

帰り道の空。
とても綺麗です。

↓早く終わったの?の代わりに押してね。昼飯&休憩なしで必死でやって16時過ぎでした。
今日は琵琶湖の花火大会で大津を中心に悲惨な位道が混むので、金物やさんも渚さんも必死でした。それでも朝は30分なのに帰りは一時間半かかりました。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村