渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

目地は合わせるのです。

今日は応援行ってました。

f:id:apr-sappy:20171221215911j:plain

いつも呼んでくれてありがとう、上村くんです。

f:id:apr-sappy:20171221215946j:plain

二人で現場入って~

「めっちゃいいやん!」

ずぼっと広くて最高です。

f:id:apr-sappy:20171221220034j:plain

材料もドンと!

500㎡タイルカーペット。

床職人が喜ぶやつです。

f:id:apr-sappy:20171221220129j:plain

こんなときにはこの台車が役に立つ。

タイヤも大きいのでタイルカーペットもずれにくいし、平台車にもなるし、タイヤ4つとも自由だし。

f:id:apr-sappy:20171221220439j:plain

頑張ってペタペタやってますと

「上村くんがなんだか変。」

f:id:apr-sappy:20171221220537j:plain

裸足って(笑)

ここの現場、この時期にわがままなんだけど空調が入ってて暑いのよ。

f:id:apr-sappy:20171221220630j:plain しかし靴下まで脱ぐかねー?(笑)

f:id:apr-sappy:20171221220828j:plain

広いところを複数人で貼ってると 力の入れ具合や詰め具合で目地がずれてきちゃいます。

f:id:apr-sappy:20171221220935j:plain

こんな感じでね。

ただ「しゃーないやん。」と進めていくと悲惨なことになります。

目地も合わないし升ができるしガチャガチャした仕上がりに。

「タイルカーペットは誰でも貼れるんだろ?」

って軽く思ってる皆様、そんなことはないんですよ。

タイルカーペットは柔らかいので

貼りながら縮めたり緩めたりしながら目地がずれないように貼っています。

ずれたら

f:id:apr-sappy:20171221221243j:plain

ギューーッと詰めて f:id:apr-sappy:20171221221253j:plain

はい、目地揃いました。

自分の貼ってるエリア内で揃えて次の人にバトンタッチしながら貼っていきます。

廻りの切込みよりも中を貼る方が難しいんです。

タイルカーペットだけではなく、タイル類はみんなそうです。

よく監督さんや元請けの内装屋さんが

「真ん中やったら貼れるから手伝うよ!」 なんて言ってもらうのですが、

気持ちはとーってもありがたいんですけど

内心「触らないでー( TДT)」です。

もし手伝ってくださるなら材料持ってきてもらったりゴミ拾ってもらったり、可能なら廻りの切り込みしてもらう方が助かります!

よろしくお願いします。

f:id:apr-sappy:20171221222324j:plain

はい、今日もいっぱい貼れましたね。

渚さんは今日だけですが明日で完了です。

↓お疲れ様ー!の代わりに押してね。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村