渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

便所3つ。

今日は朝から空きマンの洗面所とトイレのCF貼ってきまして

f:id:apr-sappy:20180120192021j:plain

f:id:apr-sappy:20180120193655j:plain

アフターです。

便器付いてるだけで手間かかりますねー。

そして移動して

f:id:apr-sappy:20180120192520j:plain

次の現場に到着したけどまだクロスやさんが作業されてました。

クロス屋さんは仲のいいお二人だったので三人でお昼ご飯へ。

お昼ご飯のあと、近くにあったホームセンターうろついてきました。

f:id:apr-sappy:20180120192220j:plain

f:id:apr-sappy:20180120192225j:plain

「そのうち、こんなの掛けないとクロス貼れんよーになるかもなー。」

って言いながら老眼鏡?拡大鏡?掛けて遊んでました。

f:id:apr-sappy:20180120192411j:plain

昼から便器つきのトイレ二個貼って

今日は合計三つの便器を抱っこしてきました。

今月末辺りがみんな忙しそうで

渚さんも同じく忙しいのですが人が段取り出来なくて頭抱えています( TДT)

それでも先日、とても温かいお手紙を頂いてね、それを何度も読んでは「頑張ろう。」って思えます。

昔、学生の頃友達と手紙書いては交換してましたが最近お手紙を頂くことってなかなかありませんでしたが、 人の手で書かれた手紙ってとても温かいなぁと思います。

「大事にしよう」って思ってるのですが数日持ち歩いてるので汚れないようにしわくちゃにならないようにしなくちゃ。

渚さん達の仕事もほとんどの工程が手でする仕事です。

失敗もたくさんしますけど、そんな風に「温かい」って思ってもらえたらいいなと思います。

↓お疲れ様ー。の代わりに押してね。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村