渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

気が利くやつと利かねーやつ。

気が利く人と効かない人。

みなさんの回りにもいますかね?

f:id:apr-sappy:20180508223524j:plain

渚さんもここ最近はこの事が思考の中心になっています。

何故かと言うと、気の効かないやつがいるから。

だけどそいつは「気が利くって言われるし自分でもそう思っている」んですよ。

ほんまかいな?

気が利くって言われるやつが渚さんの前では気が利かねーのかよ!

気を効かせることができるのは先を読めるからこそですよね。

こーなるだろうからこーしておこう、とか

こー言われるだろうから先にやっておこう、とか

自分にできることはこれだからやろう、とか

ぼーっとしてたら見つけられない気づかないことをちょっと先読みして行動する気持ちや

「私がやります。」っていう奉仕の気持ち。

そういう気持ちを持ってる人が"気が利く人"になれるんだと思います。

仕事って何でも結局はサービス業だと思うんですよ。

一緒に仕事する方へのサービス。

仕事下さるお得意先様へのサービス。

見えない先にいるユーザー様へのサービス。

一緒に仕事する方が仕事しやすいように、

仕事下さるお得意先様が安心されるように、

買って良かった、頼んで良かったってユーザー様が喜んで下さるように、

って気持ちがあれば

自然と気を効かせることができるんじゃないかと思います。

仕事はお金をもらうこと。

儲けるためには相手を儲けさせること。

そういう基本的なとこを忘れず、コツコツとやっていきたいと思います。

渚さんの周りのみなさん、渚さんがそういう気持ち忘れてたら「思い出せよ!」って注意してね。

↓気が利かねーやつ、いるよね!の代わりに押してね。

いるよねー。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村