渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

暑中お見舞いの代わりに。

みなさんいつも渚さんのブログ読んでくださってありがとうございます。

昨日ブログ読んだ知り合いの方に

「横向けないの?」

って言われたので

f:id:apr-sappy:20180725101123j:plain

膨らんだ横向けです。

朝から男前に見せてたら マキタの空調服を貰ったらしくて一度着たけど風量強くて涼しいけど胴体もパンパンになって腰袋から物出せない。って言ってました。

男前はクロス自分でも貼られますのでそれは辛いですね。

渚さんのはジャンパーの形(普通のウィンドブレーカーです。)なのか?風量弱いのか?どこかから風が漏れてるのか?

けっこースリムな空調服になりました。

それにしてもいつもブログ読んでくださってるみなさんに笑い転げるような面白い記事を書きたいのだけど

文才もないのでなかなか難しくて

いつも「なんでみんな読んでくれてんの?」って自分で思うような仕上がりになっちゃっててすみません。

珍しい材料を貼るわけでも

「どーやって貼るねん?」ってなややこしい現場でもなく

同業者の方にとっては「ふーん。」で終わるような仕事を毎日しています。

それでも、どの現場も全く同じものはなく

一生に一度の現場なので

ブログ書いてて自分で読み返すと「あー、ここも行ったなぁ!」って思い出すことができます。

ブログを始めることになって書きたいなぁと思ってたことは

自分が調べたいなと思ったことが出てこなかったので

そういうのが書けたらいいなぁ。

独立前に一人で行って不安になったときにやり方調べられたら良かったなぁとも思うので、そういう立場の方にも

「このやり方で合ってるんだ!」って自信持って貼ってもらえたらいいなぁ。

建築はすべて大工さんがやってるって思ってる方に

こんな仕事があるんだなぁと知ってもらえたらいいなぁ。

職人になりたいけど自分でもできる職種ないかな?って思ってる方に

楽しそうだなぁ、これなら俺でも、私でもできるかも!

って一人でも思ってもらえたらいいなぁ。

って感じで書き始めたのですが、少しはそういうのが書けてたらいいなと思ってます。

暑いし汚れるし終わるまで帰れないけど

今日も頑張って床貼ります。

みなさん、水分たくさん摂ってね。

↓今日も暑いけど頑張るよ!の代わりに押してね。渚さんもやるぜ。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村