渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

今日は渚さんの誕生日。

渚さん、今日お休みです。

けっこう前から今日は休もうと決めてまして

仕事は断ってました。

今日は渚さん、お誕生日でして

誕生日でも仕事は今までやってましたけど

今年はふと

"年に一度の誕生日に現場で嫌な思いしたくねーな。"

って思ったものでお休みにさせてもらいました。

仕事は好きかと聞かれれば

嫌いです。

でも現場は好きなんですよ。

現場で会う人って年齢関係なく、みんな同じ現場をおさめる仲間。

60過ぎた左官屋さんも10代の軽天屋さんもアラフォーの渚さんも

みんな同等で話ができます。

とても楽しい時間ですがそれよりも上回るのは仕事のストレス(笑)

年に一度の誕生日にそんなストレス感じたくない!

と、今年はお休みにさせてもらって

朝起きたときから夕方までダラダラと家で一人飲みしてました。

そして夕方早めに帰ってきてくれた相方と飲みにいってきました。

f:id:apr-sappy:20180919220542j:plain

京都タワーのねきで。

今日も京都タワーきれいです。

f:id:apr-sappy:20180919220805j:plain

二軒寄って。

二軒目の床がね

f:id:apr-sappy:20180919221116j:plain

こんな床。

タイルカーペットなんだけど目地が全然目立たない!

のに、壁際の切り込みの目地だけめっちゃ目立つのよね。

なんでかなぁ?ってしばらく見てました。

f:id:apr-sappy:20180919220846j:plain

帰宅して

相方がケーキ買ってきてくれてて

箱から出したら

「あれ?これ、二段やったんやけどな。」って(笑)

振り回しちゃったのかな?

それでも、とても美味しかったです。

f:id:apr-sappy:20180919221032j:plain

プレゼントも忘れずに用意してもらってました。

いつもありがとうございます。

スパークリングワインも買ってきてくれてたのに

相方がもう飲めないって言うんで明日に回して

相方もう寝ちゃいましたので一人飲み。

今日、誕生日なので一年を勝手に振り返ってまして

去年の忘年会で

よく仕事くださる内装屋さんの社長さんが話されてたこと思い出してました。

その内装屋さんって新しい事たくさんされてるんです。

社長さんも社員さんもいつも精力的で

次々とご自分たちで考えてることをされてますけど

本来の自分達の仕事もおざなりにすることなく、

他の内装屋さんよりもきちんとされています。

そして、番頭さんたちは

ぶつくさと文句言う渚さんを筆頭に職人の声に耳を傾けてくれます。

本人たちには言えませんけど

本当に感謝していますし、ありがたい、頑張ろうって思えます。

少し前はその内装屋さんのことを悪く言う人も多かったのですが、近年では渚さんも「すごいよな、天才だな。」って思うこと多くて

社長さんには「本出してよ!買うから!」なんて言うんですけど、

お話しさせてもらうと自分がなにもできていないのではないかと恥ずかしくなってしまいます。

もうすぐまた忘年会シーズンになるよな。って思いながら

この一年で何かしたのか?って聞かれたときになんて答えようかなって考えてました。

この一年、渚さんが精力的にやってきたのは 「人に会う」事です。

前にも書きましたけど

バディがね、

「30代のうちにたくさんの人に出会って40代になったら、そのなかで自分にとって必要な人を選べるようになっていたい。」

って生前話してました。

バディは30代で死んじゃいましたけど

渚さんも、その話を聞いたときに

いいな。

って思ったのです。

選べるように、って言うよりは

選んでもらえるように

また、出会った人の数が多いほど自分にとって一生の付き合いになる方の数も多いのではないかな?と思って

今年は特に

たくさんの人に出会いたいなと思って人が集まるところには、少し無理をしてでも行ってきました。

人に会うとパワーをもらえます。

特にこの一年はバディに会えなくなったので

その埋め合わせのつもりではないのだけど

人に会いに行ってました。

人にはそれぞれ役割がある

ってよく聞きますけど

自分に課せられた役割がなにかはまだわかりません。

それを見つけられるようにまた一年、頑張って床を貼ります。

↓お誕生日おめでとう!の代わりに押してね。

ありがとう。また、ひとつオバサンになっちゃった(//∇//)

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村