渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

クロスで作るもの。

ものづくりフェア係の渚さんです。

先日、会長と副会長と一緒に車に乗ってたときに

「京都はパンチの小物入れのパイオニアやから、パイオニアとしては京都発の物をまた考えたいねんなぁ。」って会長が仰っていて

もともと渚さんが「床材ばかりなのでクロスでもなんか作りたい!」って声あげてたから

実はこんな案があるんです。

って話したら

「一度試作品作ってみて。」

って言われて

f:id:apr-sappy:20181018015034j:plain

試作品作りました。

詳細は可決されたらお見せしますが

クロス使えました(*´∀`)♪

で、いつも現場に出て、手を動かしてる職人が作ると簡単だけど

一般の方には??

なんです。

で、いつも一緒にいろいろ悩んだりしてくれる

京都室内装飾協同組合の事務員さんに体験してもらいます。

行くのが遅くなっちゃってもう一人のマサミンは帰っちゃってたので

一人残ってたオガワさんにいつものごとくお願いして

f:id:apr-sappy:20181018015433j:plain

「楽しいー!」って2つも作ってくれました。

渚さんが作ったときは材料のクロスを裁断しながら10分掛からないくらい。

材料用意して教えながらゆっくりやってもらったら15分くらい。

あとは技能士会のみんなに見てもらって、だなぁ。

せっかく子どもさんにお金出して作ってもらうんだから使えるもの作りたいんだよね、安価で。

全国の技能士会でもいろんなもの作られてますので

真似もしますけど、パイオニアにもなれるようにみんなで知恵絞ります!

↓ものづくりフェアもうすぐだね!の代わりに押してね。

11月ですよー!

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村