渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

一年経ったのか。

今日でバディが居なくなって一年です。

年を取るごとに一年があっという間に感じていましたが

この一年はとても長く感じました。

去年の今日は大阪でツヨシ君と床を貼っていました。

帰り道にちょうど

「バディの体の具合どーなの?」

「まだ良くないみたいよ。」

なんて話をしていたんです。

渚さんがご家族様から訃報をお聞きしたのが翌日の早朝でしたね。

ずっと前のことのような、つい最近のことのような。

ありがとう。 - 渚さんは床職人。 http://nagisanon.hatenablog.com/entry/2017/10/24/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%80%82

↑これはバディのお通夜の後に書いたものです。

今読み返しても、この時と全く同じ気持ちです。

バディと仲のいい職人さんたちとお会いすると

みんな過去形ではなく、現在進行形のようにバディの話をします。

そして、みんなで笑っています。

独特な作業ズボンの色の話や愛用してたクロックスの話、現場での出来事や、バディ自ら話してた自慢話など

何度同じ話をしても楽しかった時間を思い出しています。

f:id:apr-sappy:20181019234821j:plain

f:id:apr-sappy:20181019234844j:plain

f:id:apr-sappy:20181019234857j:plain

f:id:apr-sappy:20181019234911j:plain

誰の話を聞いても同じ印象。

裏表のない、ほんと『馬鹿正直な少年のような』人です。

これからもきっとバディの話をみんなでします。

こんなにみんなに好かれて羨ましいなと思うけれど、

いい人ほど短命なんてよく言いますよね。

それならもっと悪いやつで長生きしてくれた方がよかったなぁ。

これからもずっと仲間です。

このブログ読んでくださってる方、もしお時間ありましたら18:25から一分ほど黙祷お願いできますか?

渚さんは今日、ご実家へ伺い、夢にも出てきてくれないバディにこちらから会いに行ってきます。

↓黙祷するよ。の代わりに押してくれたら嬉しいです。

ブログに書くことをご家族様から許可頂きました。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村