渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

くーちゃん最終日でした。

昨日はくーちゃん借りる最後の日でした。

マンションは無事に前日終わったので

問屋の仕事に一緒に行ってもらいました。

f:id:apr-sappy:20190327092650j:plain

原チャリで来てくれますので助かります。

f:id:apr-sappy:20190327092709j:plain

f:id:apr-sappy:20190327092722j:plain

ビフォー、、

f:id:apr-sappy:20190327092737j:plain

物を置くところ作りたいのでさっと貼れるところを貼ります。

ここでは踏み込み。

f:id:apr-sappy:20190327092853j:plain

材料の都合でキレイに割れなかったけどいっちょあがり。

f:id:apr-sappy:20190327092948j:plain

次は部屋の中のCF。

二週間ほどズッポリ借りたので、集大成でくーちゃんのできるところは遅くてもしてもらいました。

耳を切ってもらってます。

f:id:apr-sappy:20190327093058j:plain

材料二人でセットして

糊塗って

f:id:apr-sappy:20190327093127j:plain

時間は掛かりましたけど、終わりました。

教えながらだと一人よりも時間がかかりますが

一個一個覚えてくれるとあとあと借りるときに助かりますしね。

糊は内装屋さんが用意されたものだから綺麗に使ってあげること。

残材は入り口からなるべく近くに置いてあげると取りに来られた人が少しでも楽なこと。

仕上げの仕事だから、ちっちゃなごみも拾う、糊も拭く。

これくらい良いか。ってことは無いってこと。

目上の人と仕事をするときはスマホで流してる音楽を消すか小さくすること。

みんながバタバタしていても、自分はまだまともにできないんだから、ゆっくり確実にして、誰でもできるゴミ拾いや物取ってくるなどのことは急げば良いってこと。

怪我をしたら怒られるけど必ず親方に言うこと。

応援行って帰るときは親方に電話すること。

他の業者の職人さんの邪魔にならないようにすること。

気づいたら自分の道具だけじゃなく、仲間のものは集めてあげること。

親方に自分の分まで貼ってもらうのだから、親方が少しでも多く貼れるように考えて動くこと。

挙げればきりがないし、全部覚えて無いだろうけど

次に誰かに言われたときに「前にも言われたなぁ。」と思い出してくれたらいいかな。

f:id:apr-sappy:20190327093242j:plain

ってわけで入り口近くに残材まとめて終了ー。

早く終わったので、ゆっくりできたかな?

渚さんはそのあと、イマチャンの倉庫に行ってイマチャンの車の棚外しておいてあったのですが、貼ってあるパンチめくってきました。

今日か明日、新しくパンチ貼ります。

今日も問屋の仕事です。

さー、やるか。

それではまた。

↓くーちゃんお疲れ様ー。の代わりに押してね。

ほんと、疲れさせましたけど、助かりました。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村