渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

平成最後。

今日で平成最後。

昭和から平成になるときは小学生だったので、全然覚えてないのヨネー。

今回は平成から令和へ。

こんな記念すべき日に渚さんが貼ったのは

東リの長尺。

それも、好きな内装屋さんの現場。

幸先いいー!

f:id:apr-sappy:20190430221952j:plain

お菓子の製造販売されてる会社の事務所改修。

机などがあるので貼れるだけ貼ります。

f:id:apr-sappy:20190430222106j:plain

あと数日頂けたら、下地も直してもらってもっともーっと綺麗になったのですが今回はこのままシートの貼り替えです。

f:id:apr-sappy:20190430222224j:plain

材料はこんなのです。

一見「地味?」って思ったのですが(ごめんなさい)

よーく見ると黄色が入っていてかわいいのよね。

渚さん、黄色も好きだから「花みたい」って思いながらしごいてました。

f:id:apr-sappy:20190430222630j:plain

f:id:apr-sappy:20190430222636j:plain

施工風景。

今日明日の工程だったのですが、残業させてもらって終わらせました。

アフターの写真撮り忘れσ( ̄∇ ̄;)

ですが、前回は深いグリーンの床だったので

仕上がり見られて「明るくなった~!」って喜んでもらえました。

新しい床で令和もお仕事頑張っていただけたら嬉しいです!

f:id:apr-sappy:20190430223118j:plain

しかも、帰りにお土産まで頂いて!

このえび煎餅、平成最後のおやつに相方といただきましたけど

美味しかった~!

プリントしてある床材を貼るだけでお客様の生活を少し彩ることができるこの仕事を平成の間の20年ほどしてきました。

その間に「綺麗になった、ありがとう。」と何度言って貰ったのでしょうか?

渚さんが貼った床の上で令和を迎えられる方がどれだけいらっしゃるでしょうか?

渚さんも今、自分が貼ったサンゲツのウッドタイルの上で平成最後のビール飲んでいます。

幸せは人それぞれだと思いますが、渚さんは好きな人と好きな人の仕事をして、それでお客様に喜んでもらえるという

最高の仕事をしています。

新しい時代になりますけど

この気持ちをずっと忘れずに、渚さんが貼った床の上で一人でも多くの方が幸せな時を過ごして下されば幸いです。

床を貼らせてくださったお客様、仕事をくださった元請け様、一緒に貼ってくださった職人さん

ありがとうございました。

新しい時代になりますけど、変わらず楽しく貼っていきます。

そして、内装業界に少しでも貢献できるように日々、努力していきたいと思います。

最後に

好きな人と仕事をすることがとても幸せなことだと教えてくれたバディ、ありがとう。

バディと床を貼ったことは私の床屋人生の中では本当に思い出深い時間です。

バディはもういませんけど、顔も声も猫背も忘れたくないなぁと時々一人で真似したりして(笑)いつも思い返しています。

新しい時代になっても、好きな人と好きな人の

仕事をするということは自分の最優先にしたいと思います。

今日のお客様、今日仕事させてくださった内装屋さん、ありがとうございました。

今日を忘れず、自分が幸せだということを見失わず、明日からも皆様、どうぞよろしく。

↓お疲れ様ー!の代わりに押してね!

そして、平成の半分ほど一緒にいてくれる相方にも感謝。ありがとう。年取るわけだわ(>_<)

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村