渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

今日も順調ー。

今日もマンションの現場入ってます。

昨日は応援来てもらってたので賑やかでしたが、今日は二人で粛々と。



f:id:apr-sappy:20190716233212j:plain

うちの新人、とくちゃんです。

経験者ですが、巾定規を理解してないので、巾定規を教えて自分の中で理解してもらうために

しばらくスコヤは封印し、切り込みは巾定規を使ってもらいます。

床屋は巾定規使えないとね。

とても真面目な青年ですので、せっせとやってます。
明日から二日間、現場を留守にしますので、とくちゃんにお留守番してもらいますから、渚さんは今日は朝から墨出して型取りして、誰でも貼れるように段取りしてました。

二日間、一人だったらちと不安なので子守り係で応援の方にも入ってもらうので安心です。



f:id:apr-sappy:20190716234044j:plain



f:id:apr-sappy:20190716234101j:plain




f:id:apr-sappy:20190716234132j:plain



f:id:apr-sappy:20190716234147j:plain


思ってたよりも進んでますので、ほっとひと安心です。

部屋内のウッドタイルは半分終わってるもんねー!

人に教えるのはとても難しいことですが、自分のためになるので、ありがたい事です。

昔は見て盗め!だったけれど時代も変わり、今の若い子には通用しませんよねー。

もちろん、見て覚えるのはとても大切なことですが、言葉でしっかり伝えて、やって見せてあげて、やらせてみて、怒ってばかりじゃ教わる側もテンション下がっちゃうかなぁと思うので、ダメなことは怒りますけど、しっかり誉めてあげたいなーと思います。

あとは少しづつ出来ることを増やしてあげて、信じて任せられることを増やしてやりがいや責任感、自信付けてって貰えるようにしなくちゃな。

ついつい心配で自分でやってしまう方、渚さんもそうなんですけどたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

「あんなにキツく怒らなくてもよかったなぁ。」

なんて帰宅してから反省することもありましたし。

渚さん、短気なんでぶちギレる事も多いんでねー。

3月もクーちゃんにぶちギレたからねー。


でも、甘やかしすぎるとなめたり、図に乗るヤツも多いからなぁ。


まぁ、渚さんもまだまだ未熟なんで

『教える』

事を通して自分も成長していきたいなぁと思います。


↓お留守番、しっかりしてくれたらいいねー!の代わりに押してね。

子守りもいるので心配してないです。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村