渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。個別のメッセージはカテゴリーの自己紹介の中にある"問い合わせフォーム"からお願いします。

材料間違い。

材料間違いで貼り替えになった現場行ってきました。



f:id:apr-sappy:20191106232531j:plain

これー。コンポジウッド。小さいので貼るの大変だったことでしょう。




f:id:apr-sappy:20191106232716j:plain

チリがあるので増し貼りで勘弁してもらいました。

パテして乾かして



f:id:apr-sappy:20191106232823j:plain



f:id:apr-sappy:20191106232828j:plain



f:id:apr-sappy:20191106232920j:plain



お客様が選ばれたのはこっち。

踏み込みだもんね。



f:id:apr-sappy:20191106232959j:plain

ラウンドエッジです。



f:id:apr-sappy:20191106233018j:plain

コンポジなので単層。これは裏側。

コンポジはすり減っていってもずっと同じ柄なので、長持ちすると言われています。

でも、可塑剤が抜けてしまうと粘りというか柔軟性が無くなり、複層の物よりも割れたり欠けたりが多いです。



f:id:apr-sappy:20191106233401j:plain

型取りして糊塗ってペタペタ。



f:id:apr-sappy:20191106233435j:plain

完成ー。

ウレタンで貼るときは、下地処理を入念にお願いします。

溶剤入ってますので糊の硬化時に材料を引っ張ってしまい、光が入ってくる所などは特に、はすかいに見ると凹んで下地がよくわかります。

昔はよく「糊パテ~。」なんてみんな言ってましたけど、今じゃ考えられないですよね。

では、ここ数日は仕事じゃないことでバタバタです。

明日また書くね。

↓お疲れ様ー。の代わりに押してね。

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村