読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

絨毯直貼り。


f:id:apr-sappy:20161209072843j:plain

絨毯直貼り替えビフォーです。


f:id:apr-sappy:20161209073023j:plain



f:id:apr-sappy:20161209073101j:plain
材料広げて


f:id:apr-sappy:20161209073128j:plain



f:id:apr-sappy:20161209073136j:plain

アフター。
地味に柄通ってるプラス既存の絨毯と同じなので既存とも柄を合わせないといけないので
地味に大変でした。


f:id:apr-sappy:20161209073244j:plain

これは既存部分。
絨毯も貼り方はシートと同じです。


f:id:apr-sappy:20161209073605j:plain

ビフォー。


f:id:apr-sappy:20161209073628j:plain

古い絨毯めくって


f:id:apr-sappy:20161209073647j:plain


新しい絨毯広げて


f:id:apr-sappy:20161209073704j:plain
半分づつ糊入れます。
柄物なので、すかっと壁際の柄を通さないと
歪んでる!
などと言われてしまうので、進行方向に真っ直ぐ、かつ壁際の柄、既存との取り合いに気を付けて貼りました~。
絨毯の直貼りはなかなか楽チンです。

でも古い部分との取り合いはどうしても厚みが違います。
古い部分は踏みまくってるので絨毯の毛がへたってるし、新しいのはフッサフサなのですから当たり前なのですが
これを「新しい絨毯が浮いてる」「跳ねてる」などと言われることも多いです。
考えたらわかることでも必ず、こちらから
「ここらへん、よく踏んではるからぁ…踏んではったらすぐ馴染むと思うんですけど、馴染むまでにつまづかないかなぁ?」と言っておくと
みなさんピンと来て
「うんうん、大丈夫」
ってなります。
昨日言うの忘れてて監督さんに
「浮いてるから、際際まで糊入れてね。」と言われたのですが
説明したらわかってもらえました。

説明するの忘れた理由は
忙しかったから…。
ここを少しでも早く終わらせて
代わりの職人さんに入ってもらってる現場に少しでも行きたかったから。
結局、17時すぎにしか行けなくて。


f:id:apr-sappy:20161209074728j:plain





f:id:apr-sappy:20161209074736j:plain



f:id:apr-sappy:20161209074740j:plain
次の日貼る部分の面木つけて来ました~。
面木の説明はまたの機会に…。

師走なのでみなさんお忙しいとは思いますが、渚さんも頑張るぞ~!

↓師走だもんね。の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村