渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

プレ女職人A美の道具箱。

今日は休みなのですが
やることいっぱいの渚さんです。

さて、A美にも最低限の道具を持たせなければなりません。
私の道具を貸してましたが、新人って道具大事に使わないので嫌なんだよね。
自分の道具を大事に使ってほしいので、新人仕様の道具箱持たせます。
前にうちにいた奴の残ってた道具を引っ張り出して足りないものを足して完成~。


f:id:apr-sappy:20161123132858j:plain



f:id:apr-sappy:20161123132906j:plain

中身はこんな感じです。
言っておきますが、この上履き、まだ数回しか履いてないんですよ!
大事にしない様が見てとれますねー!
作業着だって、どうでもいいと思ってるから糊だらけなんですよ。
だけど、手についた糊は必死で拭いてるんよね。
A美はなかなかの女で遠慮しない、主張する、言ったことの最後しか覚えてない、なので手帳を持たせます。

あと、床屋の道具ってみんな似たようなものしかないんですよね。
だから、誰かのものと間違ったりするので、A美ならなおさらです。
ですのでA美のものにはシールか赤いテープか書けるものには名前を書いておきました。
まるで、入学する子どものようです。

前にいた奴のときには、こんな心配したこと無いのですが…。
心配しなくてもちゃんとやってくれてたし…

A美は心配です。そして、心配してもやらかします、確実に。
お察しください。

ソフト巾木のとき、A美にはスコヤを使わせるのですが、余ってたスコヤは90°じゃなくなってたので、買ってきました~。


f:id:apr-sappy:20161123133816j:plain


シマで1080円です。


f:id:apr-sappy:20161123133834j:plain



f:id:apr-sappy:20161123133839j:plain

スコヤこそ、みんな同じなんで間違えます。
そして、この凹みに汚れがたまるので嫌なんです、私。

これはA美のものですが、この凹みにUVレジンを注入します。
そしたら、すごくかわいいスコヤに変身します。



f:id:apr-sappy:20161123134037j:plain



f:id:apr-sappy:20161123134044j:plain



f:id:apr-sappy:20161123134049j:plain

はい、A美のスコヤ完成~!
これで、自分のものはわかりますね、A美でも。
明日はウッドタイルなので早速使うと思うので、間に合ってよかったです。

道具は職人にとってとても大事なものだということをわかってもらいたいです。

↓レジン液は100均だね!渚さん100均好きだねー!!の代わりに押してね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村