渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

50周年だって。

今日、現場に㈱ツカサの担当が来て

「姉さん、これ」と
f:id:apr-sappy:20170214001254j:plain
ちっこい包みをくれました。
「なにこれ?」と聞くと
「今年50周年なんで感謝のプレゼントです。」だって。


f:id:apr-sappy:20170214001413j:plain



f:id:apr-sappy:20170214001421j:plain



f:id:apr-sappy:20170214001435j:plain

おぉー。シャチハタ~。
これ、みんなに配ってくれてるなんて太っ腹~!
ありがとう♪
いつも職人と元請けとの間に挟まれてしんどい想いしてるのになぁ。
問屋が下で職人が上にいるわけではありません。
ついつい八つ当たりもするときあるし、無下に断るときもあるし、単価の話で詰めるときもあるけど、
持ちつ持たれつってこと忘れないようにしないとね。

ツカサ50周年おめでとう~!

↓50周年すごいねー!の代わりに押してね。
問屋もいつも頑張ってるよね。
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村