渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

急いで帰ろう。

皆様お疲れ様でございます。
今日で夜の部で追ってた新築マンションとりあえず床伏せられました~。
ふー。
疲れた~。
今日は材料足らずで置きっぱなしだった踏み込みのタイル二個と框ついてなくて貼れなかった踏み込みの巾木19軒で70本ほどと残りのダメ廻りしてきました。


f:id:apr-sappy:20170225014735j:plain



f:id:apr-sappy:20170225014741j:plain



床屋だけじゃなくほかの業者も繁忙期ですので
「ここはまだ置いておいて」
とかであとで残りをやらなくちゃいけなかったりします。
もちろん「床屋がまだ貼ってないから下駄箱付けるの待って~」
もありますのでお互い様なのですが…。

いや、もう愚痴はいい!
終わった~(//∇//)
ここ最近は正直
「もっとゆったり貼りたいのに…」
って思ってばかりだったし。
もちろん明日からも走らなくちゃいけないのだけど。

この時期はうかつに返事しちゃいけないのですが
内装屋さんや問屋から
「渚さ~ん( TДT)」
って可哀想な声(←演技かもだけど!!!)で
しつこく言われるとついつい
「全部は無理だけど、ちょとだけやで!ほかの職人も探してよ。」
って言いながら手付けちゃうんだよねー。
そしたら思うつぼ(>_<)
結局、現場で監督さんと話したりほかの業者の進行具合聞いたり、現場見ちゃうとほっとけないよねー。

みんなそうやって自分の首絞めながら毎年年度末乗り越えてんだよな。。。
明日も日中の仕事終わってから
新しい現場、とりあえず見に行ってあげる約束しちゃったしなぁ。
「夜でも全然大丈夫な現場やし!」って言われてもなぁ~。
それで近所の住人の方に
「いつまでやるんですか!警察呼びますよ!」
って言われたこともあるしなぁ。

そして、実際に呼ばれたこともあるしなぁ…。

あー、また思うつぼじゃんね!
でも、年度末に気張らんようになったらダメだしな~。
まだまだ第一線で貼ってたいからなぁ。

今年も無事乗り越えられます様に。


夜勤されてる方、京都から心より応援しております!
お先に失礼します!

さぁ、急いで帰ろう。

↓渚さんお疲れ様!の代わりに押してね。
夜勤されてる方の分までお風呂入ってお酒飲んで寝るか~!
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ
にほんブログ村