渚さんは床職人。

私は室内装飾床仕上げの職人をしています。女性職人になりたい方が増えているので、その方々の参考になればと思いつつ、日常をお伝えしたいと思っています。

私の仕事 タイル編。

床屋の仕事は大きく分けるとシートとタイルと絨毯です。

今日はタイル編です。
タイルは30㎝位の正方形、45㎝位の正方形、30㎝位×45㎝位の長方形などなど
いろんな大きさ、柄があります。


f:id:apr-sappy:20161020204355j:plain



f:id:apr-sappy:20161020204359j:plain

元々、室内装飾は海外から入ってきた仕事ですので、その名残か材料はインチ計算のものが多いですね。


f:id:apr-sappy:20161020204516j:plain

中身はこんな感じ~♪
今回のは、同じ箱に入っていても濃淡がバラバラなのです。


f:id:apr-sappy:20161020204624j:plain

裏には矢印が。
タイルはこの矢印の向きを合わせて貼ります。


f:id:apr-sappy:20161020204717j:plain

下地の掃除します。
ここはトイレになります。


f:id:apr-sappy:20161020204804j:plain

割り付けをして、狭い場所なので、接着剤塗る前に型取ってしまいますね。

はしっこはどうやって綺麗に切るのでしょうか?


f:id:apr-sappy:20161020204958j:plain

壁側に定規代わりの材料を、切りたい場所の一枚手前に置いた材料に重ねます。
定規にする材料は壁にピッタリ沿わせます。



f:id:apr-sappy:20161020205135j:plain

切ってますね。


f:id:apr-sappy:20161020205159j:plain

カッターで筋つきました。細いところが重なってた部分です。
これを切り取ります。


f:id:apr-sappy:20161020205254j:plain

残った方を壁側に移動。


f:id:apr-sappy:20161020205334j:plain
ピッタリになりました。
パイプ回りは、穴開ける場所を印。


f:id:apr-sappy:20161020205555j:plain





f:id:apr-sappy:20161020205433j:plain



f:id:apr-sappy:20161020205449j:plain

両方針になってるコンパスで使って開けます。


f:id:apr-sappy:20161020205850j:plain



f:id:apr-sappy:20161020205629j:plain


完成!!
ではありません。
これをすべてはずして…


f:id:apr-sappy:20161020205700j:plain


糊塗り♪


f:id:apr-sappy:20161020205716j:plain


型とった材料戻していきます。


f:id:apr-sappy:20161020205737j:plain
本当の完成!
全面、ローラーで圧着してね!

↓タイル面白そう!!と思ったら押してくださーい!!
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ